取立てに役立つ借金の言い訳とは?

いざという時は言い訳でしのいでみよう

カードローンやキャッシングを利用したなら、返済をしなければなりませんが、状況によっては返済ができない事態に陥る可能性があります。返済が滞ると、借金の取立ての連絡がくる場合がありますが、この取立ての際に覚えておくと便利な言い訳の仕方があります。入院をしていたという言い訳はおすすめです。入院をしていると、収入が少なくなったり、銀行振込による返済などが困難になることがあるものです。急な入院であれば、相手の対応も柔軟になる可能性が高まります。意外なことに、返済日を忘れていたという言い訳も通用するものです。ついうっかり忘れることは、誰にでもあります。手元にお金がないと、はっきり伝えるのもよいでしょう。お金がない状態では返済ができないことなど、誰が見ても明らかだからです。いざという時には、これらの言い訳を試してみてください。

効果は一時的なことを覚えておく

言い訳をすれば、借金が帳消しになることはありません。必ず相手はいつまでに返済ができるか聞いてきますので、この時にははっきりと返済できる日を告げておきましょう。うやむやにすると、印象が悪くなります。また、言い訳の効果は同じ相手の場合、何度も発揮されないことを覚えておきましょう。相手も馬鹿ではありませんので、何度も同じ手段で逃れようとすると、嘘をついていると見抜きます。この方法はあくまでも、緊急時に行うにとどめて、取立てがきたなら至急、返済を行うことが重要です。基本的に銀行や消費者金融など、融資を行う会社は、無理な取立ては行いません。借金を期日までに返済しない相手であっても、相手を怖がらせるような取立てをしてはいけない決まりになっているからです。本当に返済が難しいなら、月々の返済額を減らしてもらうよう、相手に相談してみましょう。

遺産放棄で借金なし!無料相談

家族の膨大な借金については相続放棄で解決出来ます

相続関連の話になりますが、財産にはプラス財産とマイナス財産があります。プラス財産とは、土地や現金、債権、証券といった相続した人にとってプラスになる財産の事です。マイナス財産は、借金などの負の財産です。マイナス財産は遺産放棄する事で相続を回避出来ます。例えば、父親の借金が1億あり、他のプラス財産が2000万であった場合、遺産放棄する事で父親の借金を相続しなくて済みます。この場合、遺産を合計するとマイナスです。普通に遺産を相続した場合、8000万の債務を抱える事になります。こういった時、遺産放棄すれば、周りの家族が負債を抱える事を防ぐ事が出来ます。知っていて損のない相続関連の知識です。この知識を知らずに相続に臨むと、借金をまるごと抱える事になりかねません。マイナス財産が多い場合は回避出来ると覚えておきましょう。

遺産放棄などの相続問題は専門家に相談したほうが無難です

遺産放棄も含めた相続問題は、こじれやすく、トラブルになりやすいです。家族だけではなく、親戚などの親類全てに関係しているためです。家族だけで判断してしまうと、どうしても親類関係でギクシャクなりがちです。関係がこじれると酷い場合、親類間で裁判となり、互いに争う事にもなりかねません。一番人間関係が壊れやすいのが相続問題です。遺産放棄に関しても弁護士に相談する事をおすすめします。相談した上で遺産放棄するかを判断すれば親類間のトラブルを防げます。金銭面で損をしないで済みます。法律の専門家ですので相談して手続きを依頼すれば費用はかかります。ですが弁護士は相続問題を円満に解決するノウハウを持っています。初回の相談なら無料の弁護士事務所は多いです。ですので、相続と借金問題で困ったら気軽に弁護士に相談する事をおすすめします。

借金取りが怖い・・・その時あなたはどうする?

借金取りが怖いならその根本の問題を解決しようとします

借金取りが怖いのは、借金を返済していないからです。その時に自分にお金の余裕がある場合、滞納分を全て支払います。普通の消費者金融はこれで取り立てをやめます。返済後にも取り立てが来る場合、警察や弁護士に相談して問題を解決します。一方、自分一人では借金の返済が完全に出来ない場合、親に立て替えてもらう事を検討します。情けない選択かもしれませんが、これ以上借金を増やさない事を考えれば、悪くない方法です。親に立て替えてもらう事が出来れば、借金問題は一応解決です。後は自分で借りた分を親に返済するのみです。立て替えてもらう相手がいない場合、債務整理を検討します。弁護士、司法書士、国が出資している司法センターが行なっている無料相談に駆け込みます。お金がない状態なので支払いは後払いを重視して、後払いを受け付けてくれる専門家に債務整理を依頼します。専門家選びは支払いの他に、人間性も重視します。理由は、長期的に協力していく間柄になるからです。相性の良い人同士であれば、コミュニケーションも取りやすく、問題をスムーズに解決しやすいでしょう。取り立てが怖いと感じたら、このような順番で解決を目指します。

すぐに債務整理をして借金増を抑えて取り立てもストップさせます

怖い取り立てですが、債務整理手続きを行うと取り立てを止められます。依頼した専門家が、債権者へ受任通知を送付するためです。受任通知を受け取った貸金業者は、その日から債務者への取り立てが出来なくなります。取り立ては、専門家を通して行う必要が出てくるので、債務者へ取り立てはやって来ません。ここでまず、一定の安定した生活を送る事が可能になります。夜ぐっすり眠る事が出来ます。安心して食事をとり、精神面の態勢を整える事も出来ます。それと同時に専門家と協力して債務整理を行います。この時点で借金は増えません。一時ストップとなります。取り立てを止めて、生活に余裕を持たせて、尚且つ借金を増やさずに借金を整理できる環境を自分で作ります。ベストな方法ではないでしょうか。早めに手続きを行う事で、任意整理を選択しやすくなります。任意整理を選択出来れば、裁判所へ足を運ぶ必要なく、債務を減額する事が出来ます。友人の債務は別にして整理出来ますので、人間関係が悪化する心配もなしです。手続きが終わったら減額された債務を数年かけて完済します。もちろん現金払いのみで返済します。個人再生であれ、自己破産であれ、取り立てに悩まされるくらいなら手続きします。お金で困った時の正しい対処の仕方です。

初めて借金をする場合の注意点

何かと出費が重なって毎月の給料だけでは生活が厳しくなることがあるでしょう。貯めておいた貯金も使い果たしてしまったら、借金をするしかなくなります。幸い消費者金融業者等を利用すれば比較的簡単にお金を借りることができるので、本当に生活に困った時でも何とかなるものです。しかし、たとえ少額のお金を借りるとしても借金には違いありませんから、消費者金融業者の選び方や借入金額の設定等は慎重にならなくてはいけませんね。特に初めての借金では分からないことが多いですし、不安を感じることもあります。雪だるま式に膨れ上がってしまわないか心配でしょうが、初めての借金でも自己管理がしっかりしていれば少しずつでも確実に返済できますから、必要以上に心配することはないでしょう。
初めて借入する時に一番注意したいことは、返済可能な金額を借りるということです。返済の見込みがたたないまま借入してしまうと、期日までに返済ができず別の業者からも借入するような事態に陥る可能性もあります。結局は返済できずに借金だけが膨れ上がってしまうことにもなりかねませんから、返済可能な最低限の金額だけを借りるようにしましょう。月々の収入と支出をシミュレーションすると借入額の設定がしやすくなります。