ed2d93ac0a7ee1bc1f514405168f41c9_s

借金取りが怖い・・・その時あなたはどうする?

借金取りが怖いならその根本の問題を解決しようとします

借金取りが怖いのは、借金を返済していないからです。その時に自分にお金の余裕がある場合、滞納分を全て支払います。普通の消費者金融はこれで取り立てをやめます。返済後にも取り立てが来る場合、警察や弁護士に相談して問題を解決します。一方、自分一人では借金の返済が完全に出来ない場合、親に立て替えてもらう事を検討します。情けない選択かもしれませんが、これ以上借金を増やさない事を考えれば、悪くない方法です。親に立て替えてもらう事が出来れば、借金問題は一応解決です。後は自分で借りた分を親に返済するのみです。立て替えてもらう相手がいない場合、債務整理を検討します。弁護士、司法書士、国が出資している司法センターが行なっている無料相談に駆け込みます。お金がない状態なので支払いは後払いを重視して、後払いを受け付けてくれる専門家に債務整理を依頼します。専門家選びは支払いの他に、人間性も重視します。理由は、長期的に協力していく間柄になるからです。相性の良い人同士であれば、コミュニケーションも取りやすく、問題をスムーズに解決しやすいでしょう。取り立てが怖いと感じたら、このような順番で解決を目指します。

すぐに債務整理をして借金増を抑えて取り立てもストップさせます

怖い取り立てですが、債務整理手続きを行うと取り立てを止められます。依頼した専門家が、債権者へ受任通知を送付するためです。受任通知を受け取った貸金業者は、その日から債務者への取り立てが出来なくなります。取り立ては、専門家を通して行う必要が出てくるので、債務者へ取り立てはやって来ません。ここでまず、一定の安定した生活を送る事が可能になります。夜ぐっすり眠る事が出来ます。安心して食事をとり、精神面の態勢を整える事も出来ます。それと同時に専門家と協力して債務整理を行います。この時点で借金は増えません。一時ストップとなります。取り立てを止めて、生活に余裕を持たせて、尚且つ借金を増やさずに借金を整理できる環境を自分で作ります。ベストな方法ではないでしょうか。早めに手続きを行う事で、任意整理を選択しやすくなります。任意整理を選択出来れば、裁判所へ足を運ぶ必要なく、債務を減額する事が出来ます。友人の債務は別にして整理出来ますので、人間関係が悪化する心配もなしです。手続きが終わったら減額された債務を数年かけて完済します。もちろん現金払いのみで返済します。個人再生であれ、自己破産であれ、取り立てに悩まされるくらいなら手続きします。お金で困った時の正しい対処の仕方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です