ed2d93ac0a7ee1bc1f514405168f41c9_s

取立てに役立つ借金の言い訳とは?

いざという時は言い訳でしのいでみよう

カードローンやキャッシングを利用したなら、返済をしなければなりませんが、状況によっては返済ができない事態に陥る可能性があります。返済が滞ると、借金の取立ての連絡がくる場合がありますが、この取立ての際に覚えておくと便利な言い訳の仕方があります。入院をしていたという言い訳はおすすめです。入院をしていると、収入が少なくなったり、銀行振込による返済などが困難になることがあるものです。急な入院であれば、相手の対応も柔軟になる可能性が高まります。意外なことに、返済日を忘れていたという言い訳も通用するものです。ついうっかり忘れることは、誰にでもあります。手元にお金がないと、はっきり伝えるのもよいでしょう。お金がない状態では返済ができないことなど、誰が見ても明らかだからです。いざという時には、これらの言い訳を試してみてください。

効果は一時的なことを覚えておく

言い訳をすれば、借金が帳消しになることはありません。必ず相手はいつまでに返済ができるか聞いてきますので、この時にははっきりと返済できる日を告げておきましょう。うやむやにすると、印象が悪くなります。また、言い訳の効果は同じ相手の場合、何度も発揮されないことを覚えておきましょう。相手も馬鹿ではありませんので、何度も同じ手段で逃れようとすると、嘘をついていると見抜きます。この方法はあくまでも、緊急時に行うにとどめて、取立てがきたなら至急、返済を行うことが重要です。基本的に銀行や消費者金融など、融資を行う会社は、無理な取立ては行いません。借金を期日までに返済しない相手であっても、相手を怖がらせるような取立てをしてはいけない決まりになっているからです。本当に返済が難しいなら、月々の返済額を減らしてもらうよう、相手に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です