d5ae8d85798e16bc2d531a0fd6e1077e_s

借金を繰り返す人の心理は?繰り返した私だから分かること

お金が手に入るとホッとする

社会人になって一人で暮らすようになると、その自由さからいい加減な毎日を送っていました。適当な生活をしていても誰からも怒られるわけではありませんから、仕事以外の時はとにかく自堕落な生活をしていたわけですが、お金の管理に関してもかなりいい加減なものがありました。あればあるだけ使ってしまって、給料日前はいつも財布の中はほとんどからという状態で、本当にお金に余裕のない生活をしていたのです。それでも自分が悪いわけですから、お金がないのは仕方がないとは思っていたのですが、やはり本当にお金がないというのは不安があるもので、ある時カードローンを利用して借金をしてしまったのですが、この時の心理状態というのが借金をしてしまったことに対する罪悪感といったものよりも、お金が手に入ってホッとしたという気持ちのほうが強かったのです。それはあくまでも自分のものではなく、借りたお金ですから後で返済をしなければならないものなのですが、心理的にはその時のピンチを逃れることができればなんとかなるという気持ちになってしまって、借金に対して抵抗感を持つどころか、借金をすることができるのは便利なものだと思ってしまったのです。

軽い気持ちで利用していたのがいつの間にか

最初のうちは給料日前の金欠の時期をちょっとお金を借りてしのいでいただけですから、それほど借金が負担になってくるようなことはなかったのですが、そのようなことを繰り返している内にそれまで以上に借金に対する抵抗はなくなり、カードローンを有効活用できているような心理状態になってしまったのです。そして、少しでも手持ちのお金が少なくなってくると、今あるお金を大地に使おうという気持ちよりも、手持ちのお金が少なくなることに対して不安を覚えるようになってしまって、すぐに借金をするようになってしまったのです。そのため、いつも手持ちのお金自体は少なくないものだったのですが、それは全て借りたお金であり自分のお金ではないため結局は返済をする時に苦労をしてしまうことになったのです。そして、いつしか返済をするために借金をするようになってしまって完全に多重債務状態になってしまい、そこに来てようやく事態の深刻さを理解することができました。そこからこのままではどう考えても不味いとはっきり自覚することができるようになったことで、極限まで切り詰めた生活をした結果、元々の浪費癖もあったことから金銭的な余裕はかなり生まれそれを返済に充てることでなんとか借金は完済できたのですが、今から思えば本当に危ないことをしていたと感じます。

借金を返済したいなら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です