a6ed39365e0581548589801665388e4f_s

夫の借金に妻が思ったことは・・・?

夫は一家のために様々なお金のやりくりを余儀なくされるもの

夫という立場は一家の大黒柱でもあることから、家族単位でのお金の出費や、個々の費用の用立てなどにも様々な気配りをしなければなりません。また、勤務先の企業からの収入には限度があることから、それで賄うことのできない支出に関しては貯蓄などを駆使して何とか用立てする必要性に迫られます。そんな時に銀行や消費者金融で借金契約を結ぶと便利にピンチを凌ぐことができるでしょう。しかしこのような借金に際して、夫のいちばんの大きな悩みとなるものは、妻にきちんと相談するか否かです。率直に打ち明けることで必要以上の不安やプレッシャーとなるのも不本意ですし、逆に打ち明けないことで家計の現状を知らずにこのままの生活が続いていくと思われるのも困ります。こういった時にはやはりできるだけ正直に、不安を煽り立てない程度に借金について打ち明けて、夫婦できちんと問題を共有しておくのが最もよい選択肢と言えるでしょう。

多少の動揺はあっても建設的に話を前に進めることが重要

それでは、夫の借金について妻はどう思うのでしょうか。まずは誰であっても借金に関する告白には少なからず動揺はします。これは仕方のないこと。それゆえ大事なのはそこからいかにして説明責任を果たしていくかです。まずはどうして借金をしなければならなかったか、何のために幾らを借りたのか、その返済のためにはどのくらいの期間が必要なのかをしっかりと説明します。また、もしもこれまでの消費生活に問題があるのだとしたら、夫婦間でよく相談してうまくやりくりしていくためにどのような方策が必要なのかを建設的に話し合わなければなりません。このように告白だけにとどまらず、将来を見据えた話し合いへとコマを進めていくことで、妻としても自分が部外者ではなく、一緒に問題解決する側の当事者なのだと自覚できるはずです。そこまでいって初めて妻は夫が正直に告白したことを理解し、その気持ちを理解し、そこまでして家族のことを考えている事実に感謝してくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です