50cf6975fd0488852bdc9e2c2bcd9cb0_s

借金が原因で絶縁

借金は簡単に消費者金融などから借入をすることができますが、返済のスケジュールを明確に立てていない場合返済が困難になってしまうこともあります。そうなってくると家族を頼って返済を行ってもらったり、自己破産などの手続きなどをしなければならないこともあります。借金が原因で家族などの身内と絶縁してしまうということも珍しくありません。こういった形で家族と絶縁するのは非常に悲しいことです。借金は血を関係を断ち切ってしますほど時には恐ろしいものになりますので、しっかりと考えてから利用するのがいいでしょう。できる限り借入を行わずに生活を送ることが重要です。借入は簡単に行える分、利子などが発生して、気づいたときには非常に大きな額になっています。若い世代だとそういったことはあまり意識せずに、交際費の補てんで借入を行う人もいますが、家族もそういったことがないようにしっかりと教育しておく必要があるでしょう。そういったことを小さいことから教えておかなければ、将来子供も自分も苦労するといった結果になりかねません。お金がいくらあっても幸せになれる保障はどこにもありません。お金がなくとも幸せにはなれますので、借金のない生活を送りましょう。

借金と税金の優先順位

当然ですが、税金になります。たとえば税収強化を受けて、納税を催促したときに、借金があるからそちらの方の返済を優先させたいから納税できませんといっても、税収強化が弱まるということはありません。お金がないので借金をして税金を納めますというのは、納税者側から見れば弱みになりますが、自治体や国にとっては問題ない事情です。それらで起きる借金における問題は、あくまでも納税者の問題になります。だからといって自治体や国が借金をしてまで税金を納めてほしいということまではしてきません。それはありませんので安心してください。収めていない税金というのは、必ず徴収にきます。そして最終的には差し押さえという処分を下されるでしょう。しかしその差し押さえと言うのはそう簡単にできるものではなく、何度も繰り返し催促が来ます。その催促が来たときに、なんらかの対応をすることがまず納税者には必要です。そのまま無視しておくというのは一番まずい事態に陥ります。よって催促が来たのであれば、まず相談するようにしましょう。自治体も国もそこまで強制はしません。事情がある場合は、納税できるまで待ってくれます。そのままにしておくというのが一番まずいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です