3419507fdf6b222fc473c476546f26fb_s

借金を絶対返すためにやめること

借金を絶対返すと思った時にやるべきことはまず余計な出費を抑えて、できるだけ返済に回すということです。特に返済を始めたての頃というのは何よりも優先をして、借金の返済に充てるのが大事なことであり最初の内にどれだけ元金を減らすことができるのかということで、返済のしやすさというのが変わってきます。実際に返済をする時というのは最初の頃のほうが絶対返すという気持ちが強いだけに、無理もききやすい状況であるためとにかくギリギリの生活をしてでも、最初のうちは借金の返済をするようにしてみると良いでしょう。その理由としては金利があり、金利というのは元金が大きい時ほどその影響は大きく逆に元金が少なくなってくれば、金利の影響というものも小さくなるので、最初の内に無理をしてでも元金を減らしてしまえば最も辛い金利の負担を最小限に抑えることができるので、返済をしやすくなるのです。そのため、特に最初のうちというのは支出を見なおして無駄を一切省きそれらを全て返済に充てるぐらいの気持ちを持つことが大切です。借金の返済には長い時間がかかるものですから、途中幾度となく挫けそうになってしまいますが、それだけにとにかく最初の内に支出を見直し早めに元金を減らすことが重要となります。

借金と贈与税

車やマイホームを買うにあたって親から借金をした場合、状況によっては「金銭の贈与」であるとみなされ贈与税を支払わなければならないこともあります。税務署は親族間におけるすべての金銭の貸し借りを「金銭の贈与」であるとしている訳ではありません。この対応の差には「ある時払いの催促なし」であったかどうかなどが関係しています。これは主に返済期日を決めない借金のことを指し、この形態をとっていた場合「金銭の贈与」とみなされることがあります。また、借金自体を完済しても無利子で借りていた場合は、利子相当分が贈与とみなされ贈与税を求められるケースもあります。このように親からの借金には借入金そのものに贈与税がかかる場合と、利子の分に贈与税がかかるという二つのケースが考えられます。親から借りる場合でも、「金銭の贈与」とせず「借金の借り入れ」として認めてもらうには借用書を作成すると良いでしょう。銀行などのものと同じく借り入れの事実と返済条件をしっかりと記載し、約束通りに返済していくことが重要です。また、利子を支払うことも大切です。通帳でやり取りを行うことで、返済の証拠を残すという方法もあります。共通してポイントとなる点は、金銭の貸し借りの事実を明確にし返済の証拠を残すことと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です