307a23481efb7afb5a152fab2e80c258_s

初めて借金契約と返済を行った頃の思い出

月末の給料日前というものは、お金が不足する傾向が強いもの。以前は会社の給与も今みたいに安定しておらず、もっと不安定な暮らしを送るケースが少なくありませんでした。そんな時に一体どうしていたのか、今となっては懐かしいばかりなのですが、私の場合には消費者金融を使って借金契約をしてカードローンを使いこなして何とか凌いでいました。私が初めてカードローン契約を行った時の記憶は忘れることができません。まるで昨日のように思い出すのですが、それはお金がないにもかかわらず、友人から合コンの誘いを受けた時でした。普段ならば断るのですが、その時は彼女と別れたばかりだったこともあり、その機会を絶対に逃したくなかったのです。最初はその費用を友人にお願いして借りようかと思いましたが、しかし後で仲間内でネタにされるのも嫌なので、自力でなんとかしようと決めました。そこでネットで探して自分のような中小企業のサラリーマンにぴったりのカードローンを見つけたのでそのままネット上で借金契約を行ったのです。最初は通過できるかどうか心配でしたが、最初から無理して借金しないようにするためにも融資限度額は15万円にて契約しました。ネットで審査通過した後で、近場の歓楽街にある自動契約機を探して、そこでカード発行した上でATMから借り入れした形です。それでも当時の自分としては本当に喉から手が出るほど必要だったお金で、そのおかげで合コンに出て楽しいひと時を過ごすことができました。結局その時に参加していた女性陣とは誰とも連絡先を交換しなかったけれども、いい気分転換になったので満足です。もちろん、こうやって借り入れを行った後は返済が待っています。月々きちんと返済していくのはとてもきつかったのですが、しかしカードローンはこうやって借り入れと返済を自分のペースで続けていけるのも大きな魅力。時には利息分のみの返済となるような時もありましたが、なんとか地道に返し続け、予定よりも繰り上げて最後の借金の返済を終えました。その時にはやはり生活費や昼ごはんなどを切り詰めて返済金にあてていたのを思い出します。今でも時々、お金が必要になった時にカードローンで借金するのですが、一度使ってしまうとそのペースがわかるので、不安感などを抱くことなく使いこなせます。これからもピンチになった時にお世話になろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です