06aaf2c12420a2a99ab13321355300c3_s

大学生でも借りられる借金方法

サークル費や教材費、交際費など大学生の生活には何かとお金がかかります。アルバイトをしているのに、お金が足りないという経験をしたことがある方も多いと思います。アルバイトをするにしても学生なので時間に限りがありますし、毎日働いてばかりいて勉強が疎かになってしまえば本末転倒です。どうしてもお金が必要な場合は借金という手段を考えなければいけません。では大学生でもお金が借りられる方法にはどんなものがあるでしょうか。1つは親や友人から借金をする方法です。少額やすぐに返済できるものであれば、別に問題はないでしょう。しかし、お金の貸し借りはそれまでの関係性を崩してしまう可能性がありますので、慎重に行いましょう。2つ目は消費者金融から借金をする方法です。学生の場合、審査のハードルが高くてお金が借りることができない場合があります。そこでおすすめしたいのが学生ローンです。学生ローンは審査がそれほど厳しくなく、金利も低めに設定されています。アルバイトをしていて安定した収入があるならば、お金を借りることができます。このようにお金を借りるのはそこまで難しくありません。しかし、安易に借金をするのはよくありません。まずは支出を見直して、なるべく借金しない方法を考えるようにしましょう。

借金基礎知識:大車輪とは

借金では、たいてい金利が発生します。いわゆる消費者金融などから借りた時には、年間18%前後の金利が生じるのが一般的です。ところで借金をしている方々は、その金利を節約したいと考えています。18%などの金利ではなく、もう少し低めな金利が望ましいと思う方も多く見られるのですが、その方法の1つが大車輪です。結論から申し上げれば、金利がゼロ%の金融会社を活用して、金利を節約する方法になります。金融会社のサービスも様々で、中には金利がゼロになる会社も見られるのです。ちなみにゼロになる期間は1週間なのですが。例えば2月14日に、その手数料がゼロの会社から借りたとします。仮にその会社をAとします。それで1週間が経過した2月21日に、今度は全く別の金融会社Bからお金を借りるのです。そして前述のA社に対して、全額返します。この時点までに発生している金利は、ゼロという事になります。それで今度はさらに1週間ほど経過した2月28日に、また前述のA社から借りるのです。そしてB社に対しては、全額返済をします。この時点で、B社から7日分の利息が発生している事になります。すなわち実際には14日が経過しているのですが、発生している利息は7日分になるのです。このように手数料ゼロの会社を上手く利用して利息を抑える方法が、いわゆる大車輪になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です