2feb18fff993999c7c286f3531408607_s

臓器を売って借金返済?

臓器を売って借金返済といった話は現在ではありえません。貸金業法が厳しくなり、無理な取り立てもできない時代なのです。周囲の住民に借金をしていることを教えるのも違法となります。海外では臓器売買という話も聞かれますが、日本においてはその心配はいりません。たとえ闇金からの借金であっても、法律で解決することが可能です。弁護士に相談をすれば、闇金に返済しなくてもいい状態にしてくれます。貸金業者から借りた借金なら、債務整理をすれば必ず解決できます。どんな高額なローンを抱えていても、自己破産をすれば債務はゼロになります。漫画の世界では、臓器を売って借金を返済するシーンが登場しますが、漫画と現実の世界は大きなギャップがあります。現在は20.0%を超えた金利で融資することはできず、20.0%超で借りたお金は返済する義務がないのです。グレーゾーン金利は無効であるため、闇金から借りたお金には返済義務がないわけです。債務整理の費用を用意できない方は、何かを売却して返済するしかないと思われるでしょうが、債務整理は初期費用がなくても行なえます。後払いや分割払いも可能なので、返済できない高額ローンでも必ず解決できるのです。

借金増額成功のポイント

増額することは借金の金額が増えることを意味しますが、どうしてもこの時に乗り切りたいという時は大きな効力を持ちます。増額をする場合は、貸金業者や銀行の審査が必要になります。借金になりますので、それは当然です。どのような項目を審査するのかというと、今まで返済をしていたときに遅れたことがないか?収入が増えていたりすると好条件になります。よく言われているのは、返済状況に遅れがないことと新規契約から半年以上です。それに加えて他社との借入がないことを条件として挙げられますが、これはあくまでも個人の状況によって変わります。それは総量規制になります。総量規制というのは年収の3分の1以上借りることができない規制になります。これは消費者金融に当て嵌まり、銀行は異なります。また増額をする際に収入証明書が必要になる場合があります。主に消費者金融で50万円以上、そして他社の消費者金融や信販会社から100万円以上の金額になった場合は、収入証明証が必要になります。またそれ以外で貸金業者や銀行側が収入証明証が必要だと感じた場合は、提出する必要もあります。個人の状況によってそれらは異なりますので、よく把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です